おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

食に感謝できているか?

食べることがこの世で一番しあわせと思っている方がほとんどだと思います。

一方で、明らかに食べすぎが原因だなと思える体格の方や、カラダの不調を訴える方も多く増えてるような気がします。

一日三食を摂らないとカラダによくないと言われ、それに従い病氣になる、そして病院で診察してもらって投薬され、それに従ってひどい場合は余計に悪くなりひどい場合は生命を落とすことも。

食べたものをしっかり排泄してから食べる。

最低でも15〜16時間は排泄するまでにかかるのです。

朝9時に朝食を食べて12〜13時に昼食を食べると排泄どころか消化も十分できてません。

その矛盾を冷静に判断する時期に来ていると思います。

食べると消化するためにカラダはエネルギーを消費するために、眠たくなるのです。

集中するには食べる必要はないのです。

トーマス=エジソンはあらゆる研究開発中は不眠不休で取り組んだと言われてます。

その時は、ほとんど食べなかったそうです。

食べると眠たくなり集中できなくなるからだったそうです。

いろんなことが終わったあと、ようやく食べることになれば、食に対し感謝の念を抱かずにはおられません。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎