毎週日曜日18:30からテレビ東京で放送されている紀行バラエティ番組『モヤモヤさまぁ~ず2』の2017年8月20日放送の「十条」編で、アシスタントを務める「福田典子」アナウンサーが怪我から少し復活していました。

 

 

 

モヤモヤさまぁ~ず2

www.tv-tokyo.co.j

 

「モヤさま」こと『モヤモヤさまぁ~ず2』は紀行バラエティ番組です。

お笑いコンビ「さまぁ~ず」の「三村マサカズ(みむら・まさかず)」さんと「大竹一樹(おおたけ・かずき)」さん、テレビ東京「福田典子(ふくだ・のりこ)」アナウンサーの3人が、日本や世界の各地を巡って、その土地のもやもやした場所やお店などを訪ねて食べ物を食べたりはしゃいだり駄弁ったりする、「世界一ドイヒーな番組」です。

 

 

福田典子アナ重傷を負う

2017年8月6日放送の「亀有」編で、福田アナが乗っけから大変な告白をしていました。

それはモヤさま収録前のある雨の日の朝、福田アナが全力で走って駅に向かっていたときに、方向転換した瞬間に足を滑らせて豪快に転倒し、あろうことか顎から着地して顎から大出血、すぐに救急車で病院に緊急搬送されました。検査の結果、顎の骨にヒビが入っていたため、顎にボルト6本(昨日の放送では8本)を入れる大手術となったそうです。

そのため「亀有」編と、その翌週の「厚木・海老名」編で、福田アナは口をほとんど開けられませんでした。話すときも口を動かせず・口を開けて笑えず、どこか食事処に入って料理を頂くときも小さく切ってからほんの少し口に入れる、といった観ているだけ可哀想な気持ちになってしまう状態です。

番組では、そんな口にボルトが入って動かせない福田アナを「レクター博士」に例えていました。「Anthony Hopkins(アンソニー・ホプキンス)」さんが演じていた、映画『羊たちの沈黙』に出てくる精神科医であり猟奇殺人者である「Hannibal Lecter(ハンニバル・レクター)」ですね。

 

 

十条で水風船戦争!

2017年8月20日放送の「十条」編で、そんな重傷の福田アナが多少ですけど状態が良くなっていました。

食事をとるシーンでは、少し口を開けて食べ物を入れられるようになっていて、口に入れたものはまだ前歯でしか噛めないようでしたが、ご本人も歯で噛める幸せを感じているようです。怪我以来ずっと流動食のようなものばかりを食べていたそうで。

そんな福田アナは怪我の功名というか何というか、体重がマックスから5kgほど痩せたそうです。流動食生活ダイエット?

番組内でボルダリングを行っているお店に入った際に、福田アナが試しにボルダリングをしてみることになりました。福田アナが衣装からウェアに着替えて再びカメラの前に現れると、三村さんと大竹さんから揃って「痩せた」の言葉をかけられていました。

画面では福田アナの事故前後の比較画像が表示されていて、確かに一回り二回り細くなったように見えました。腰回りや脚が特に顕著でした。

本人も痩せたことを喜んでいました。ドレスやチャイナドレスなどを着たりして喜んでいましたけど、そんなちょっと打ちどころを間違えたら女子アナ生命が危ぶまれるような怪我をして……ですからね、喜んで良いものかどうか。

 

 

おわりに

今思えば、福田アナが怪我直後の放送で代役を頼まなかったことは、彼女の意地のような、彼女の番組にかける意気込みのようなものを感じさせます。

ただ、観ているだけで痛々しくて可愛そうな状態でしたから、そうまでして出演しなくても良いのではないかとも思ってしまいます。まぁ、視聴者に対して「私は元気ですよ」と知らせたかったのかもしれませんけれども……。

ピンチヒッターで先代のアシスタント「狩野恵里(かのう・えり)」アナ再登板、なんてこともあったら、それはそれで面白そうでした。

いやいや、何にしてもあの大怪我から徐々に回復していることは嬉しいことです。