ファーストで来るとホント何の疲れもありません。
強いて言えば二日酔いの感じ??単なる飲み過ぎなだけか・・・



ここまでのANA機に別れを言って、入国後は長い~いトンネルのような歩道を歩いて次のターミナルへ。
さて俗に言うFRAの税関についてだけど、実は何回もココきてるけど1回も何も言われた事はありません。
欧州の入国はココでしかした事無いのでもう10回以上??
これはどう考えても普段からの行いなんだろうなと、自分に酔ってみる(本当に酔ってたけど)

もともと80分しか乗継は無いのでラウンジもそこそこに次のゲートへ。



珍しくバスラウンジでしたww
機材は737-500、ANAでもまだバリバリの現役だけど古いヤツ。



ビジネスクラスと言ってもこんなだけど、パリまで貸切です、ははは。
土曜日の夕方だからもあるのかな?
エコもガラガラ、全員で50人も居ませんよ。
事件のせいもあるんでしょうか?

そのせいか控えめな?クリスマス飾り。




機内食もいつも通り安定したクオリティの低さ、ふぅ~~



あのパンで殴られたらケガするくらいの硬さ。
一気に歯でいったら、歯が逝くかもな・・・

あ写真には無いけど赤ワインが一番旨かった、もちろんお代わりも。
これもそれ程のクオリティは無いと思うけど、ワインなら全然いける。


正味のフライト何分だろ、あっという間に到着。
CDGは1タミに到着、ここホントに空いてます。
やはりこの機に及んでパリへ来るなんて変人しかいないんだろうか?

空港へ着いてした事はまず1階のキオスクへ。
SIMの購入。



確か39.8ユーロだったと思う。
先人のブログではアクティベートが必要とも書いてあったけど実際はSIMフリーiPhoneに入れただけで大丈夫。
と言っても市内でのお店探しと地図だけだから、高いのか安いのか良くわかりません。

ホテルへは夜8時と言う事もありタクシーで。
何回かタクシーには乗ったけど、ペニンシュラと一言で分かってくれたのはこのタクシーだけ。
新しいからなのか僕の発音が悪いのか、どっちなんでしょう?