付け替え式のブレード。
 岩石生命体。再生できないコアがあるのだな。脳か。

 家族か、己か。人の心か…「私たちは戦ってすらいなかった!」に全てが集約されている。

 素晴らしいカタルシス。

 逢魔ヶ刻動物園と比べると、よりバトルよりのストーリーで、色々とスムーズな感じがします。堀越先生の描く女性って魅力的ですね。

↓続き↓

付け替え式のブレードは、やはり、進撃の巨人を思い出しますね。もしかしたら、共通のモチーフとして、使い捨てにするブレード…というのがあったりするのかな?ちょっと詳しくないですが…。
ニセコイ第31話「ホウカゴ」の写真の女の子は誰だ?!等ジャンプ一言感想『破』ジャンプ2012年30号4-2【週刊少年ジャンプ感想】